2017-03-26

苦楽を共にした仲畿内に 参加者から熱い抱擁

3月いっぱいで当地から畿内に旅立つ人に、参加者から熱い抱擁を贈りました。

昨日、急に連絡が入り送別会を開催することになりました。

最初は、行きつけのおでん店に。日本国中から海上自衛隊幹部候補生学校の生徒ものれんをくぐってきました。

これから始まる生活に期待と不安の表情を浮かべる生徒を横目におでんをつつきながら思い出話に。食事を済ませ緊張の面持ちで店を出る生徒にはエールを送りました。

夜の江田島町、日本酒バーでも、2年間の思い出が走馬灯のように巡ってきました。

メニューを見ると秋田県横手市増田にある日の丸醸造の「真人」。
日の丸醸造は、以前行ったことがある酒蔵。増田は豪雪地帯で矢口孝雄の出身地。
帰任が決まった後だったので、セピア色した昔にちょいとオーバーラップしました。

今月も残すところ1週間。苦楽を共にした仲ですので、別れはちょいと寂しいですが、これからは畿内へ遊びに行く場所が増えました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-03-25

「MARIHO VENUS」係留 楽しみを運び今はひっそり

ピンクの船体に描かれた人魚の姿。「MARIHO VENUS」の文字が海の色でつづられていました。

家の近所にある係留施設に一際目立つ船です。

広島市西区にあるるショッピングモール「ココだけモール 広島マリーナホップ」と宮島を結ぶ航路として活躍した船。

現在は引退して、この場所にいました。

今後、廃船になるのか第二の人生を送るのかと船体をチラリ。

読み取れませんが、塗装の下に古い船名も残っていました。

多くの人の楽しみを運んできた船。今はひっそりとしていました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-03-24

4月から異動 いつもの店に別れ

「異動になったんよぉ~」。


毎月第一水曜日にのれんをくぐっていた店のドアを開きました。

4月からはここから8キロ離れた場所に勤務することになりました。


昨年夏、偶然入ったお店でしたが、毎月、バスで通勤した日に、気分転換を兼ねてお好み焼きを食べに来ていました。

新しい場所からは、バスで20分の距離となります。

4月第一水曜日には、店で意気投合した人たちが来るのですが、「今度は、なかなか来れないかなあ~」と。

「お好み焼き焼いて」。


手際よくお好みを焼いてくれました。

サービスにワインもちょいと。

笑いが絶えないひとときでした。

「ありがとう。また。」。いつもの店に別れを告げました。

外に出て下を見ると「さんきゅー」の文字。



まずは4月に。


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

秋山巌画伯作「ふくろう」版画 大崎上島町の縁「宇品港うどん店」飾る

カウンターの上に、ふくろうの版画が飾られていました。どこか見覚えのあるタッチ・・・。
広島県営桟橋(宇品港)にあるうどん店に。小腹がすいたときに寄る店です。

女将さんに「この版画、秋山巌画伯じゃないですか?」
「よく知ってんねぇ~」
の会話。

大崎上島町にある保安3(1122)年に創建された正光坊の本殿に、秋山巌画伯が、山頭火の世界を絵と書で表現した六枚の襖絵がご縁で大崎上島町出身のオーナーが飾っているとのこと。

「なるぼとぉ~」。

画伯とは、広島市で生前何度かお会いしていることから、親しみがある作家の一人。
3月21日の誕生日は、偶然にもあっしと同じ誕生日ということで親近感が一層深まっていました。

「ごちそうさま」。

店を出ると2階への階段が・・・。いつもの味にプライスレスの価値あじを楽しみました。


秋山巌は大分県竹田市出身。版画家棟方志功四大弟子の一人で布施悌次郎、坂本繁二郎に師事し、独学で民俗学・仏教学などを学びました。
太平洋戦争では海軍落下傘部隊として参加し千葉県館山市にある「海軍落下傘部隊発祥の地」の碑にも名前が刻まれています。
作品は大英博物館をはじめヴィクトリア国立美術館などに所蔵しています。
平成26(2014)年9月15日没 享年93歳。



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-03-22

国内最大の起重機船「海翔」 「船のおくりびと」役割担う

カキ筏へ係留している船の周囲に映る波紋が赤く染まっていました。
見上げると、山の上から起重機船(クレーン船)が頭を出していました。

船は神戸市兵庫区に本社がある名寄神建設株式会社所有の「海翔」。

長さ120メートル、幅55メートル、高さ120メートルの大きさ。業界初の3脚トラス式A型ジブを2基装備し4,100トンが吊るされる、国内最大の起重機船です。

関西国際空港連絡橋や阪神高速道路湾岸線をはじめ、岩手県大船渡港野々田ふ頭のケーソン作業にも威力を発揮しました。

今回は、人間のために働いた船を陸揚げする作業。「船のおくりびと」といった役割でしょうか。

国内最大の船らしく、遠くから見ないと全容が分かりません。

作業は、非常にゆっくりとしたペースで進んでいました。

「船のおくりひと」が去ったあと、陸には解体を待つ船がいるようですが・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-03-21

ロールケーキでバースデイケーキ ささやかな祝い思い出残る一夜

今日は誕生日。


今日は多くの方からお祝いメッセージをいただきました。

今夜は家人がバースデイケーキを作ってくれました。
車で10分ほどにある郊外型ショッピングセンター内にあったケーキ店が消え、思い当たるケーキ店は自宅から15分あまり車を走らせないと買えない状態。

結局、市販のロールケーキとイチゴで、バースデイケーキを作ってくれました。

飲み物はハウステンボスで買ったスパークリンクワインで乾杯。


ハウステンボスが独占販売しているモスカート・ダスティ。
アルコール5%で甘口の白ワインはアペロ(食前酒)にスイスイ。


ささやかなお祝いが思い出に残る一夜となりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-03-20

バースデイイブの夜 ささやかに能美海上ロッジで祝う

明日21日の誕生日を前に、家人と一緒にバースデイイブをしました。
場所は、今月末で休館となる「国民宿舎能美海上ロッジ」。

この場所を最初に訪れたのが3歳のとき。保育所の遠足で訪れたのが最初でした。
あれから50年。半世紀を経て幕を閉じようとしています。

酒の肴に小いわしの天ぷらやたこ天、たいらぎの刺身など、瀬戸内料理に舌鼓を打ちました。

家人がカメラを手に取りパチリ。撮られるのは慣れていないので苦笑いの表情に。

あっしの誕生日の前日を、ささやかに祝いました。


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし